履歴書 アルバイト 修正液

アルバイトの履歴書で修正液は使って大丈夫?

履歴書を手書きで書くときにどうしても切手は切り離せない問題が誤字脱字です。

普段ものを書くときはそこまで字を間違えたりはしないのに、何故か「絶対に間違えてはいけない!」と考えたときに限って字などは間違えてしまうものです。

特に順調に履歴書を埋めていって最後の最後の方で間違えてしまう、あれは一体何なんでしょうか。。

そんなことはさておき、アルバイトように履歴書を書いていて字を間違ってしまったときなどに、修正液を使うべきか、もしくはまた新しい履歴書に書き直すかというのはきっと誰もが悩むところだと思います。

一般的に履歴書のような書類の場合、修正液を使用するのはタブーとなっています。

しかしアルバイト程度ならば、修正液もそこまで問題ないという意見もあるようですね。

これは面接をする人の考え方にもよって大きく変わってくるものだと思うのですが、絶対に失敗はしたくないと考えているのであれば、字を間違えたときにはまた新しい履歴書を用意した方が無難です。

そこまでしたくないという場合には、最低でも1個程度の間違いのときに修正液をちょこっと使うようにしておいた方が良いでしょう。

一番やってはいけないことが、間違いを二重線などで消すこと。
また修正液を使いすぎて、紙面が汚らしくなってしまうことですね。

修正液を使う使わないの前に、やはり一番良いのは字を間違わないということですから、履歴書のような大事な書類を書くときは、一文字一文字丁寧に書くようにしましょう。