職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

新卒やバイトなどの場合は必要なことはほとんどありませんが、転職をする場合などには履歴書と同時に職務経歴書というものが必要となってきます。

人気のある企業の場合、その全ての人と面接をするわけには行きませんのである程度の書類選考が行われますが、その際により正確な判断をするために用いられるのが職務経歴書です。

つまりは職務経歴書は履歴書だけでは伝えきれないあなたの今までの経歴を書面で示すものだということです。

当然履歴書と同様に非常に大事なものだということは言うまでもありません。

職務経歴書の種類と書き方

職務経歴書には2つのタイプのものがあります。
まず一つ目はいついつまでこの会社のこの部署に所属し、この年にはこの部署に所属してこういったことをしていたと順番に書いていく時系列タイプのもの。

一般的に職務経歴書というとこのタイプのものを指しますが、異動や転職が多い人は記入することも多いので苦労することもあるかもしれません。

またどんな仕事をしていただけでなく、自己PRもしっかりとしなければならないので職務の経験が多い人はうまくまとめる必要もあります。

そしてもう一つのタイプのものが、自分が今までどのようなプロジェクトに携わってきたかを書く、プロジェクトタイプのものです。

このタイプの職務経歴書はそこまで一般的なものではないのですが、何かの専門職などの場合に求められることが多くなっています。
時系列タイプのものもその人のスキルを見ることがその目的となっていますが、このプロジェクトタイプのものはよりその傾向が強いものとなっています。

自分がどのようなプロジェクトでどのような成果を挙げたのかを明確に、また魅力的に映るように書くようにしましょう。