履歴書 写真 裏

履歴書の写真の裏と張り方

まず履歴書の写真を撮ったらそれを履歴書に貼り付ける前に、写真の裏に自分の氏名と住所を書くことを忘れないようにしましょう。

これは自分が履歴書を送って人事の方に届くまでに写真が外れてしまう可能性があるため、その際しっかりと相手が対処できるようにするための対策です。

写真などはしっかりと貼り付ければはずれてしまうなんてことはほとんどないでしょうので、そこまで気にする必要なないかもしれませんが、それも一つのマナーとしてしっかりやっておきましょう。

また履歴書の写真の張り方ですが、これはのりでも両面テープでもどちらでも構いません。
最近では履歴書に元々両面テープ付きのものが売られていますので、それを使用するのが一番楽といえば楽かもしれません。

のりを使う場合でも、のりがはみだしてしまったり、のりの付けすぎで紙がよれよれになってしまっているとちょっとみっともないので、そういったところに注意が必要となるかもしれません。

また履歴書などは審査に通らなかったりすると、その履歴書が送り返されることもありますが、できるだけ写真の使いまわしは避けておいた方が良いです。

両面テープなどを使って、しっかり綺麗に取り外すことができれば問題ないかもしれませんが、それでもちょっと縁起は良くないですよね。

また写真の使いまわしが万が一人事の方にばれると、たったそれだけのことでも随分印象が悪くなる可能性もあるので、やはり写真の使いまわしは避けておいた方が無難でしょう。

履歴書の写真はあらかじめ写真をお願いした写真屋さんに何枚か焼き増しをお願いするようにしましょう。