送付状 フォーマット

送付状の書き方とフォーマット

履歴書を会社に送付する場合はそれと同封して送付状というものを送ります。
この送付状は決して必ず書かなければならないものではないのですが、やはり社会人のマナーとして書いた方が良いのは周知のことかもしれません。

この送付状はアメリカなどではカバーレターと言って、履歴書と同等、もしくはそれ以上に重要視されるものでもありますので、それと同じ事が日本でも言えるのは当然かもしれませんね。

送付状に関しては特に決まったフォーマットや書き方などはありません。

しかし履歴書と同じ封筒に入れることになりますので、できるだけ履歴書と同じ大きさの紙の大きさにはしておいた方が良いでしょう。

また一般的にはビジネス文章は横書きとなっていますので、この送付状も横書きにする方が多いそうですが、これも特に決まりはありませんので、自分にもしこだわりがあるのであればそちらを選んでも構わないでしょう。

また手書きでもパソコンで文字を打ち込んでも構いません。
手書きの方が丁寧な心が伝わるという話もありますが、確かにそのように感じる方もいらっしゃるのかもしれませんが、逆に手書きだと読みにくいという理由からパソコンでの文字を好む方もいらっしゃいます。

ですので基本的にはどちらでも構わないのですが、自分の字に自信がある場合を除いてはパソコンで打ち込んだ方が無難と言えるかもしれません。

送付状の書き方や例文は送付状の書き方のページにてご紹介していますので、よろしければそちらを参考にしてみてください。

送付状などは履歴書では書き切れない自分の長所などを書くことになりますので、どうしても長い文章になりがちになってしまいますが、あまりに長いと読まれないという可能性も出てきますので、要点だけをしっかりと簡潔に伝えるようにしましょう。

それだけで十分あなたはできる人だと判断されるかもしれません。