職務経歴書 自己PR

職務経歴書での自己PR

職務経歴書は一般的に1ページ目に自分の今までの職歴を簡潔に書いていき、2ページ目には志望動機や自己PRをより詳しく書いていくことになります。

職歴が様々な人はとても1ページでは納まらないかもしれませんが、あまり長々と書いてしまうと読み手の印象は決して良くはありませんので、何とか自分の強みとなりそうなものを選んでそれらをうまく簡潔にまとめていきましょう。

それが自分の自己PRにより強く働くと共に、そういった要約力というものもちゃんとした自己PRとして認めてくれる場合もあります。

また自己PRを書く際にもこのことは同様に言えますので、あまりだらだらと自己PRを書くのはやめるようにしましょう。
採用担当者はその他にも多くの書類を読まなければならない可能性が高いですので、文章が長いというそれだけの理由でしっかり読んでくれないという恐れもあります。

適度な長さは口で話してみて1分程度、文字にすると300文字程度でしょうか。

またその際に文章で書くのではなく、自分の長所や自己PRを箇条書きで書くというのも一つの手段です。

ビジネス文章の鉄則は「簡潔で分かりやすい。」です。

そのことを基本に、自分がどのように会社に役に立てるのかをしっかり書けばそれだけで見栄えの良い職務経歴書は出来上がるでしょう。