履歴書 送付 マナー

履歴書を送付する際のちょっとしたマナー

就職活動などをしている場合、会社が近場にあるときなどは自分で出向いて履歴書を手渡すこともできますが、そうでない場合は郵便などで履歴書を送付する場合もあるでしょう。

そのように郵便で送付をする場合もちょっとしたことで随分印象も変わってきますので、こういったちょっとしたことにもマナーは必要となってきます。

マナーと言ってもほんのちょっとしたことばかりですが、ちょっとしたことだからこそ、そこで変な印象を与えないために極力注意をするようにしましょう。

まず履歴書を送る際には必ず、履歴書を折り曲げないように履歴書のサイズと合った封筒を選ぶようにします。

必ずとは書きましたが、これはルールというわけではないのですが、折り曲がった履歴書などはその管理が難しくなったりするので、相手方の手間とならないように大きめのサイズの封筒を選ぶことがある意味常識となっています。

またその封筒の中に履歴書が折り曲がらないように厚紙やクリアファイルなどを一緒に入れておけば、それだけで丁寧な印象を与えることもできるでしょう。

また切手は記念切手や派手なものではなく、あくまで普通のものを。
そして雨の日に投函してしまうと、ちょっと紙に悪影響を与えてしまうことがありますので、余裕がある場合はなるべく晴れの日を選んで投函はすると良いかもしれませんね。

これらは本当にちょっとしたことなのですが、人事の方に言わせるとこういったちょっとしたことをできるかできないかで、仕事ができるかできないかをある程度判断できるなんて言う人もいらっしゃいますので、内定を取りたいのであれば、できるだけこういったことにも注意を払いましょうね。