履歴書 写真 加工

履歴書の写真の加工はアリ?

パソコンをちょっと趣味程度に楽しんでいる人にとっては、写真の加工というのはおなじみのものだと思います。
どんな顔をしていてもちょっとパソコンでいじくるだけで、まるで別人のように!
なんてことは決して珍しいことでもなく、その写真によって色々と騙された!なんて人ももしかしたら多いのかもしれませんね。

そしてそんな写真の加工を履歴書の写真には行ってよいのか?

こんなことも少なからずの人が思った事でもあるでしょう。

やはり人間顔じゃないとは言ってもやはりそこは人間ですから、顔の印象というのは就職や転職などにも少なからず影響するものでしょう。

それは多くの人がうすうすとは感じているものでしょうので、履歴書の写真をちょっと加工して、少しでも印象を良くしたいというのは当然の欲求だと私は思います。

結論から言ってしまうと、たとえ履歴書の写真であっても多少の加工であればそれは問題ありません。

当然明らかに顔が違う!といった過剰の加工は問題外ではありますが、実際に見てもその違いはあまりない程度の加工であれば今でも多くの人が行っていることです。

「目のくまを薄くしたい。」「肌のつやをちょっと明るくしたい。」
この程度の写真の加工であれば問題はないでしょう。

採用はあくまで面接などが重視となりますので、この写真の加工がどの程度の効果になるのかはちょっと測りかねるところもありますが、もし写真の加工に興味があるのであれば、写真の加工もやってくれる写真屋さんに撮影をお願いするようにしましょう。