履歴書 アルバイト 自己PR

アルバイトでの自己PRの書き方

アルバイトで履歴書を提出する場合も、自己PRの欄はしっかりと書くようにした方が良いでしょう。
した方が良いと言うのもアルバイトの場合会社やお店側としては、即働いてくれる人を探している場合が多く、もし募集によって人が集まらなかった場合などには、そこまで履歴書の重要性というのも薄れてくるからです。

しかしもちろん人によっては履歴書から厳しくチェックしている場合もありますので、少しでも雇ってもらえる可能性を高くするために、自己PRなどもしっかりとしておきたいところですね。

まず自己PRというと、「自分は〜ができて、これだけ素晴らしい」のようなことを書くことも大事ですが、それよりももっと謙虚な姿勢で書いた方が印象が良い場合の方が多いです。

アルバイトという形態上、経験や何ができるというのは専門職などでは非常に大事なこととなるのですが、そうでない場合は自分の人間性を売った方が良いということですね。

仕事などはやっていくうちに自然と覚えるものでもあるのですが、人間性や性格などはそういうわけにはいきません。

「私はこれだけのことができますから、絶対にお役に立てるはずです。

などと自己PRで書くよりも。

「このアルバイトを通じて忍耐力なども同時に身につけたいと思っています。もし雇ってくださるのならば、何卒厳しくご指導のほどよろしくお願いいたします。」

などのように書いた方が、私の経験上好まれる場合が多くなっているような気がします。

アルバイトの仕事というのはまずはほとんどの場合簡単な仕事から始めることとなりますので、その上でとにかく大事になるのが、謙虚さと素直さです。

これからアルバイトの応募をする方も、今までアルバイトの募集に何度も応募したけれど、中々雇ってもらえないという方も。

是非この姿勢で一度臨んでみてはいかがでしょうか。