履歴書 証明写真

履歴書の第一印象は証明写真

履歴書 証明写真

人間の第一印象はその人の容姿で決まるなんてよく聞く言葉ですが、これは履歴書に関しても言えることのようです。

人事で働いている人の話を聞くとその人の面構えと身なりを見るだけである程度の判断はできてしまうという方が思いの他多いらしく、極端な話その写真の印象が良いか悪いかで採用の合否にも関わってくるということらしいのです。

恐らく履歴書に関しては、その人の学歴や経歴などが最重視されると思っている方も多いでしょうので、これはちょっと驚きのことではないでしょうか。

かといってもちろんこれは学歴や経歴が軽視されているということでは決してありません。

あくまで私たちが思っている以上に証明写真の働きは大きいということですので、そこのところは誤解のないようにしてくださいね。

かといってじゃあ証明写真はどのように撮ればいいんだ?
という疑問がでてくると思いますが、これはこれで難しい問題ですよね。

まず簡単なことから言うと、証明写真はインスタントのものではなくなるべく写真屋さんで撮ってもらうこと。

インスタントの証明写真だとどうしてもこの人は本気ではないという印象を与えてしまうことがあるのです。

極端な人だとたったこれだけのことでも選考から外してしまうなんてことも十分考えられることなんですね。

その他にも髪型は必ず清潔感のあるさっぱりとしたもの。
そして服装は必ずスーツを着るようにし、着崩れしないようにしっかりと着こなしたいですね。

そして一番大事なのがその表情なのですが、これは実際に写真を撮る前に鏡の前などで練習するようにしましょう。

普段よりもちょっとだけ目を大きく開き、そして普段よりもちょっとだけ口端を緩ませることで、目力と穏やかな印象を同時に出します。

難しいかもしれませんが、写真屋さんなどに行くと何回か取り直しをしてくれるところもありますので、その写真屋の方と相談しながら表情を選ぶというのも良いかもしれませんね。

顔つき一つで随分その印象は変わります。

自分がこれだけ本気だ!ということを写真を通して伝えるくらいの気持ちで臨んでみましょう。