履歴書の資格には簿記

簿記で履歴書を華やかに!

今も昔も採用する側にとって人気のある資格というものが、TOEICなどの英語に関する資格、そしてもう一つ簿記というものがあります。

簿記とはつまり会計の資格のことであり、企業にとっては切っても切り離せないお金を管理するための資格のことです。

この簿記にも資格があり、決して簡単な勉強で取得できるものではないのですが、やはりそれだけのことがあり、就職や転職の際には非常に便利な資格となります。

会計の資格だったら、経理の仕事でなければ関係がないと考える方も多いかもしれませんが、実は最近では営業やその他の部署でもその企業の財務状況を理解しているということはそれだけで強みとなり、経理の仕事に関わらず今ではどんな部署でも簿記の知識というものは重宝されるんです。

営業の仕事などでも、会社がこれくらいの収入を必要としているということをしっかりと知っていれば、自分がどのように営業をすれば良いのかというのもイメージしやすくなりますよね。

そんなこともあり、経理に限らず今ではどこの部署でも簿記の知識というものは役に立つんです。

そんな簿記の資格ですから、当然履歴書に書けばそれだけで随分とあなたの評価は違ったものとなるでしょう。

簿記は専門知識を必要とし、ある程度の勉強は必ず必要となってくるものですが、やはり持っていると非常に便利な資格でもありますので、チャレンジしてみる価値は大いにあるでしょう。