履歴書の用紙と様式の選び方

履歴書の選び方

履歴書をまず用意するときに、履歴書にはいくつかのタイプがあるということをしっかり覚えておきましょう。

履歴書であればどれでも良いということは決してありません。

履歴書を買うときにはまず最低限のルールとしてJIS規格のものを使用するようにします。

市販されているもののほとんどはこのJIS規格に沿ったものですので、そこまで注意を払う必要もないかもしれませんが、一応は頭に入れておくと良いでしょう。

そして大雑把に分けると履歴書は3つのタイプに分けることができます。

まずは新卒・学生用のもの。

このタイプのものは普通大学構内の売店などで販売されていることが多くなっていますので、新卒となる学生は必ず今通っている学校で販売している履歴書を用意するようにしましょう。

学生のための履歴書ですので、学業についてやサークル活動、校外活動についての質問欄などが比較的多くなっています。

そして次のものが、転職用、もしくは社会人用のものです。

このタイプのものは大きな文具店などで購入が可能となっており、一緒に職務履歴書なども同封されていることが多くなっています。

もちろん学生用のものとは違い、質問欄などには今までの社会経験やそこから学んだものなどが多くなっています。

そして最後のものがアルバイトやパート用になる簡易式のものです。

このタイプの履歴書はコンビニなどでも気軽に購入することができ、氏名、電話番号などの基本的な情報以外の質問欄は比較的少なくなっています。

正社員ほど厳しい審査がないアルバイトではこのようなタイプの履歴書を使用しておいた方が無難でしょう。

またこれら以外にも会社によってはその会社が履歴書自体を指定する場合もあります。

そのような場合はもちろんその会社の指示に従ったものを使用するようにしましょう。